保育士になるために通う専門学校について
2018年1月31日

さまざまな特色がある保育士養成の専門学校

保育士資格が取得できる専門学校は四年制の大学や二年制の短期大学にはない独自の特色を持っています。

それぞれの特色を調べ、自分がなにを重点的に学びたいか、なにを強みにしたいか、どの方面に就職したいかを定めて進学する学校を決めることが必要です。専門学校のほとんどが働く現場に即した授業カリキュラムを行います。その中でも特色があり実習に力を入れている学校があります。

保育施設と提携していて入学と同時に実習が始まる学校もあります。また授業の一環でボランティア体験ができる施設もあり、さまざまな場面で子供たちと触れ合う経験が、就職した時に活かされ、即戦力としての知識になります。

保育士の業務で難易度の高い業務に日誌やその日に実施する教育指導を記す日案などの書類の作成があります。この書類作成に力を入れている学校もあります。多彩な指導法を学び、書類作りを実践することが就職してから活かされます。この他にもピアノに力を入れている学校もあります。ピアノが弾けることは保育士にとって大事な能力です。また趣味のひとつにもなり、弾くことで日常の疲れを癒すこともできます。

また公務員試験に対応した授業が受けられる学校もあります。卒業後に公立の幼稚園、保育施設を目指す方にはうってつけです。このように専門学校は学校ごとに特色があります。自分が特に身につけたい部門に力を入れている学校で、楽しく学校生活を過ごし、秀でた力を武器にして、実際の教育現場で活躍することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *