保育士になるために通う専門学校について
2018年1月31日

メリットの多い保育士の専門学校

保育士として仕事をするには、国家資格が必要となります。

国家資格を取得するには、養成施設を卒業するか国家試験を受験し合格しなくてはなりません。国家試験は、かなり難易度が高く合格率が低い試験なため、これまでの出題傾向や参考書での独学のほかに、合格を目指すための講座を受講して受験に挑む方も多くいます。

養成施設には、保育士の専門学校や短大、大学などがあり、専門学校には夜間など社会人が通える学校も存在するので、どなたでもこれから保育士を目指せると言えます。専門学校は、厚生労働省の指定を受けた学校が最適で、指定を受けてない場合には、通信制の短大に同時に入学しいずれも卒業しなくてはなりません。

厚生労働省の指定を受けている専門学校のメリットは、必要な課程を全て修了して卒業と同時に国家資格を取得できることです。加えて、2年間で資格がとれることと4年制の大学に比べて、学費も安く済むこともメリットです。学校では、保育現場で活躍しているプロの講師による実践的な指導を受けられるので、就職後に現場で役立つ知識や技術が効率よく習得できるのもポイントです。

専門学校によっては、保育士の資格のほかにも幼稚園教諭免許を併せて取得できるところもあります。いずれも取得しておけば、キャリアアップとして考えることはもちろん、働き方や働く場所の幅も広がるので、学校を選ぶ際には併せて取得できる資格があるかどうかも確認しておく方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *